行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.149】 板書をやめたら授業が変わった!〜セミ反転授業の可能性を探る〜(後編) / 近畿大学附属高等学校 小谷隆行先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.149】 板書をやめたら授業が変わった!〜セミ反転授業の可能性を探る〜(後編) / 近畿大学附属高等学校 小谷隆行先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは近畿大学附属高等学校の小谷 隆行先生。
プレゼンタイトルは『板書をやめたら授業が変わった!〜セミ反転授業の可能性を探る〜』(後編)です。
ぜひお楽しみください!

タイムコード
00:00 オープニング
02:01 教育ICT実践プレゼンテーション
08:21 教育ICTなんでも3ミニッツ
10:41 エンディング
12:08 協賛メディアのご紹介

 <教育ICT実践プレゼンテーション>
板書をやめたら授業が変わった!〜セミ反転授業の可能性を探る〜(後編)
小谷 隆行 先生 先生 (こたに たかゆき)
近畿大学附属高等学校

■ プレゼンター紹介
近畿大学附属高等学校で化学の教員として勤務。iPadの利用歴は長く、2010年に発表された初代モデルから使用している。学校でiPadが導入されてからは、iTunes Uや様々なアプリケーションの活用を模索。作成したiTunes Uは、2016年のベストに選出され、翌2017年にはApple Distinguished Educator(ADE)の認定を受ける。かなりのApple製品好き。

■ プレゼン概要
事前にノートを配信し、時間的な余裕が生まれたことで、授業中に様々な活動を取り入れることができるようになりました。演習問題をグループで協働的に解くだけでなく、 「Quizlet」や「Kahoot」を使ったゲーミフィケーションを取り入れたり、学んだ知識を本や動画の形で発信したりもしています。最近のマイブームは「カンニングペーパーを作ろう」という取り組みです。もし試験のときに、A4の紙1枚をカンニングペーパーとして持ち込めるとしたら、どんなものを持ち込むか。そんなコンセプトで、知識を整理しながら、生徒たちに必要事項をまとめさせています。また作成したカンニングペーパーをクラス全員で共有することにより、自分が見落としていたポイントに気づけることも大きな利点です。授業を変えていくために、学校としても様々な取り組みをしています。気軽に授業を見学し合える「OPEN DOOR」をはじめ、Apple Teacherの資格取得を目指したワークショップ。校内だけではなく、他校とコラボレーションした研修会などにも力を入れています。

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『Everyone Can Createを授業に取り入れてみよう』
講師:和田 一将先生(東京成徳大学中学校)

■ プレゼンター紹介
明治大学で異文化コミュニケーション学を専攻。卒業後、横浜の私立高校で3年間勤めたのち、2012年から東京成徳大学中学校・高校に英語科専任教諭として着任。現在は国際交流部課長、ICT教育推進委員としてニュージーランド学期留学のサポートやiPadの授業活用の研究に務めている。Apple Distinguished Educator Class of 2017

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.