行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.142】 ろう学校でのICTを活用した実践について(前編) / 石川県立ろう学校 嶋 哲昭先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.142】 ろう学校でのICTを活用した実践について(前編) / 石川県立ろう学校 嶋 哲昭先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは石川県立ろう学校の嶋 哲昭先生。
プレゼンタイトルは『ろう学校でのICTを活用した実践について』(前編)です。
ぜひお楽しみください!

タイムコード
00:00 オープニング
02:05 教育ICT実践プレゼンテーション
07:11 教育ICTなんでも3ミニッツ
10:28 エンディング
12:03 協賛メディアのご紹介
 

<教育ICT実践プレゼンテーション>
ろう学校でのICTを活用した実践について(前編)
嶋 哲昭 先生 先生 (しま てつあき)
石川県立ろう学校

■ プレゼンター紹介
 平成27年度より、石川県立ろう学校の情報教育を担当。校内におけるICTを活用した実践をサポートしている。また担当教科である技術の授業においては、プログラミングの指導を行うなど、日々実践を重ねている。

■ プレゼン概要
 ろう学校中学部では、音声、手話、文字など生徒のコミュニケーションモードの違いにより、グループでの話し合い活動で、お互いの内容が理解しにくいといった課題があります。この課題を解決すること、そして、主体的に学ぶ機会を増やし、基礎学力の定着を図ることを目的に、平成29年度、ICTを活用した実践を行いました。国語の実践では、品詞の分類、名詞の種類、動詞の活用などの文法を理解するために、「私の読み上げ単語帳」を使用しました。このアプリは、間違った問題を繰り返し覚えることができ、覚えた単語が数値化されることで、生徒は意欲的に取り組むことができました。また、漢字の部首クイズとして「AC Board」を使用しました。友達同士で問題を出し合い、教え合う様子が見られました。
 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『教育現場で使えるiPadアプリ講座』
講師:小池 幸司 先生(教育ICTコンサルタント)

■ プレゼンター紹介
 2011年3月、他の学習塾に先駆けてiPad導入を実現。教育現場におけるICTの導入・活用を推進すべく、講演や執筆活動を通じて自社のiPad導入事例やノウハウを発信。2013年3月にはiPad×教育をテーマにした初の実践的書籍「iPad教育活用 7つの秘訣」をプロデュース。NPO法人 iTeachers Academy 事務局長

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.