行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.140】 掛川城プロジェクションマッピング 〜高校生×地域貢献×ICT〜(前編) / 静岡県立掛川西高等学校  吉川牧人先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.140】 掛川城プロジェクションマッピング 〜高校生×地域貢献×ICT〜(前編) / 静岡県立掛川西高等学校  吉川牧人先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは静岡県立掛川西高等学校の吉川 牧人先生。
プレゼンタイトルは『掛川城プロジェクションマッピング 〜高校生×地域貢献×ICT〜』(前編)です。ぜひお楽しみください!

タイムコード
00:00 オープニング
02:00 教育ICT実践プレゼンテーション
09:50 教育ICTなんでも3ミニッツ
13:52 エンディング
15:23 協賛メディアのご紹介
 

<教育ICT実践プレゼンテーション>
掛川城プロジェクションマッピング 〜高校生×地域貢献×ICT〜(前編)
吉川 牧人 先生 (きっかわ まきと)
静岡県立掛川西高等学校/研修課長・ICT推進委員長

■ プレゼンター紹介
 静岡県立掛川西高等学校で地歴公民科教諭として世界史を担当。2014年から掛川西高校に勤務。2016年から研修課長、2017年からICT推進委員長。学校生活の中で生徒が主体的にICT活用をできるよう、「Google for Education」の採用などのICT環境の整備に尽力している。

■ プレゼン概要
 掛川城でプロジェクションマッピング。それは高校生が主体的にICT活用をしながら地域貢献を計画して実現したプロジェクト。掛川市のイベント「ひかりのオブジェ展」とタイアップして、有志の高校生が12月23日と2月23日、掛川城でプロジェクションマッピングを行いました。製作はすべてiPadやスマホなどの身近なアイテム。携わる高校生も完全な素人。地域の大人や企業、外部の協力により、当日は本丸広場に1000人以上の動員を達成しました。高校生×地域貢献。そしてお城×プロジェクションマッピングというアナログ×デジタル。数々の融合から生まれた化学変化が掛川市全体の活性化を実現することができました。

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『MDMをうまく活用する』
講師:反田 任 先生(同志社中学校・高等学校)

■ プレゼンター紹介
 EdTech Promotions Manager(ICT教育推進担当) 2014年度からOne to One での iPad 導入や Wi-Fi ネットワークの構築を進めてきた。担当教科は 「英語」。ICT を活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。Apple Distinguished Educator Class of 2015, Intel Teach マスターティーチャー

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.