行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.115】ここから始める小学校プログラミング(後編) / 情報通信総合研究所の平井 聡一郎先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.115】ここから始める小学校プログラミング(後編) / 情報通信総合研究所の平井 聡一郎先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
情報通信総合研究所の平井 聡一郎先生。
プレゼンタイトルは
『ここから始める小学校プログラミング』(後編)です。
ぜひお楽しみください!


タイムコード
00:00 オープニング
01:49 教育ICT実践プレゼンテーション
11:51 教育ICTなんでも3ミニッツ
15:47 エンディング
17:18 協賛メディアのご紹介

<教育ICT実践プレゼンテーション>
『ここから始める小学校プログラミング』(前編)
平井 聡一郎 先生 (ひらい そういちろう)
情報通信総合研究所 特別研究員

 

■ プレゼンター紹介

茨城県の公立小、中学校で22年間、市町及び県教委で指導主事として11年間勤務する。古河市教育委員会参事兼指導課長を最後に公務員を退職し、現職。併せて、文科省、総務省の教育ICTに関わる委員を歴任。現在、全国各地でICT機器活用による教育改革に取り組み、特に小学校でのプログラミングの普及に多くの実践を重ねている。

 

■ プレゼン概要

小学校段階におけるプログラミング教育、2ed STEPはスクラッチベースの言語によるビジュアルプログラミングです。UIが使いやすいこと、先行実践や参考文献も多いことがその理由としてあげられます。ここでは、先生が授業をイメージしやすいという点から「動く絵本」作成を勧めています。いきなりプログラミングをするのではなく、テキストから絵コンテを起こし、その上でプログラミングという流れが効果的です。そのような段階を経て、3rd STEPとしてのフィジカルプログラミングに進んでいきます。画面上だけの2次元のプログラミングから、ロボットなどの3次元のリアルなプログラミングに移行することで、より教育的効果を上げることができます。

<教育ICTなんでも3ミニッツ>
『教育現場で使える!ネットサービス活用講座』
講師:小松 学史 先生(デジタルハリウッド大学 准教授)

 

■ プレゼンター紹介

2000年から映像やWebサイト制作、CD-ROM制作などを手がけるフリーランスとして活動。同時期に複数のスクールで社会人向けの制作に関するインストラクターを行う。2005年からデジタルハリウッド大学の専任講師としてWebサイト制作やFlashコンテンツ制作に関する指導を行う。現在は大学とネオス株式会社のエンジニアとして従事している。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.