行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.109】 あたりまえのツール(道具)としてのICT環境(後編) / 沖縄アミークス国際学園 学園長 安居長敏 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.109】 あたりまえのツール(道具)としてのICT環境(後編) / 沖縄アミークス国際学園 学園長 安居長敏 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
沖縄アミークス国際学園の安居 長敏先生。
プレゼンタイトルは
『あたりまえのツール(道具)としてのICT環境』(後編)です。
ぜひお楽しみください!

タイムコード

00:00 オープニング
01:29 教育ICT実践プレゼンテーション
11:08 教育ICTなんでも3ミニッツ
14:19 エンディング
15:39 協賛メディアのご紹介

 

<教育ICT実践プレゼンテーション>

『あたりまえのツール(道具)としてのICT環境』(後編)
安居 長敏 先生 (やすい ながとし)
沖縄アミークス国際学園 学園長

■ プレゼンター紹介
教員歴32年目。大学卒業後、滋賀女子高(現:滋賀短大附属高)で20年間教員を務めた後、コミュニティエフエムを2局設立、同時にパソコンサポート事業を個人起業。再び学校現場に戻り、滋賀学園中高校長として日本HPはじめ学外と連携した「21世紀型教育」のモデルとなる実践を推進。2017年4月、沖縄アミークスインターナショナル小中校長に就任。

■ プレゼン概要
Part.2 沖縄編『シームレスな学習環境が生み出すチカラ!(ICT活用「1→10」作戦)』:2017年に就任した沖縄アミークスインターナショナル幼小中では、当たり前のようにICT環境が用意されています。その概要を紹介しながら、前任校とのギャップから見えてきた環境整備の必要性について語ります。また実際の活用事例から、「ICTツール<を>学ぶ」のではなく、「ICTツール<で>学ぶ」ことの意味を、改めて考えたいと思います。子どもたちに身につけさせるべき「チカラ」とは何か。沖縄アミークスのさまざまな取り組みを通して、環境整備の「次に在る」ものを再確認してもらえる機会になればと思います。

 

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『授業で使える!ツール活用講座』
講師:小酒井 正和 先生(玉川大学)

■ プレゼンター紹介
玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科准教授。博士(経営学)。専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.