行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.102】 生徒・保護者・同僚とつながるICT(前編) / 東海大学菅生高等学校 河野一昭 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.102】 生徒・保護者・同僚とつながるICT(前編) / 東海大学菅生高等学校 河野一昭 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
東海大学菅生高等学校の河野 一昭先生。
プレゼンタイトルは
『生徒・保護者・同僚とつながるICT』(前編)です。
ぜひお楽しみください!


タイムコード

00:00 オープニング
02:07 教育ICT実践プレゼンテーション
10:16 教育ICTなんでも3ミニッツ
14:18 エンディング
15:40 協賛メディアのご紹介

<教育ICT実践プレゼンテーション>

『生徒・保護者・同僚とつながるICT』(前編)
河野 一昭 先生 (こうの かずあき)
東海大学菅生高等学校

■ プレゼンター紹介
英語科を担当。特別進学コース担任と主任を兼務。ICTを利用することによって生徒、保護者、教員全員がWin-Winの関係を構築できることにICTの魅力を感じている。常に新しいやり方を模索していきたいと考え、日々の学校生活の中で実践を重ねている。

■ プレゼン概要
従来は学校生活という限られた時間の中で生徒と信頼関係を構築しなければなりませんでした。しかしICTを利用することにより学校以外の時間で生徒とのコミュニケーションをとることが可能となりました。また、教育は学校内だけで完結するものではなく、保護者との協力体制が不可欠です。そのためにはまず保護者の信頼を得ることが必要になります。ICTは保護者と個別で頻繁なコミュニケーションをとることを可能にしてくれます。さらに同僚とのコミュニケーションも同じくらい重要となります。生徒を取り巻く教員間のコミュニケーションの頻度を高めることで、生徒指導や学校運営に良い影響がもたらされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『3分間でわかる小学校のプログラミング』
講師:平井 聡一郎 先生(情報通信総合研究所)

■ プレゼンター紹介
小学校、中学校での教諭、管理職と指導主事8年間の経験を経て、古河市教育委員会で3年間にわたり、全国初のセルラーモデルiPad導入、クラウド活用、エバンジェリスト制度というリーダー教員育成システムなど、先導的な教育ICT環境構築に取り組んできた。小学校におけるプログラミングによる教科指導のあり方に取り組み、2018年の次期学習指導要領の移行措置に向けた授業モデルを構築した。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.