行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.044】 外国語をアクティブに学ぶ — ICT支援外国語協調学習の実践(前編) / 大阪大学全学教育推進機構 教授 岩居弘樹 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.044】 外国語をアクティブに学ぶ — ICT支援外国語協調学習の実践(前編) / 大阪大学全学教育推進機構 教授 岩居弘樹 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
大阪大学の岩居 弘樹先生。
プレゼンタイトルは
『外国語をアクティブに学ぶ — ICT支援外国語協調学習の実践』(前編)です。
ぜひお楽しみください!

 

タイムコード

00:00 オープニング
02:03 教育ICT実践プレゼンテーション
09:24 教育ICTなんでも3ミニッツ
13:18 エンディング
14:42 協賛メディアのご紹介

 

<教育ICT実践プレゼンテーション>

『外国語をアクティブに学ぶ — ICT支援外国語協調学習の実践』(前編)
岩居 弘樹 先生 (いわい ひろき)
大阪大学全学教育推進機構 教授

■ プレゼンター紹介
大阪大学全学教育推進機構教授。携帯端末・タブレット端末やWebサービスを活用したドイツ語学習の実践研究のほか、サンフランシスコと大阪を結んだ遠隔講義、リーディング大学院の多言語リテラシー科目などを担当。「外国語の学び方」を学ぶことを目的に、アクティブな外国語授業を展開している。Apple Distinguished Educator 2013

■ プレゼン概要
外国語を学ぶなら、少しでも話せるようになりたいと思いませんか?そのためには、頭を使う「勉強」だけでなく、何度も声に出して言葉をからだに覚えこませる「トレーニング」が必要です。 でも、椅子に座って教師やCDの発音をまねて復唱したり会話練習するだけでは達成感を得られないし、声を出しても何のレスポンスも返ってこないので楽しくない。 私はこの課題を解決するために、授業に「音声認識アプリ」での発音練習と「ビデオ撮影」という成果発表を取り入れました。学生たちの生き生きとした姿をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『授業で使える!ツール活用講座』
講師:小酒井 正和 先生(玉川大学)

■ プレゼンター紹介
玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科准教授。博士(経営学)。専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.