行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.027】 それはカブトムシから始まった ~佐野日大ICT活用の軌跡~(前編) / 佐野日本大学中等教育学校・高等学校 安藤 昇 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.027】 それはカブトムシから始まった ~佐野日大ICT活用の軌跡~(前編) / 佐野日本大学中等教育学校・高等学校 安藤 昇 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
佐野日本大学中等教育学校・高等学校の安藤 昇先生。
プレゼンタイトルは
『それはカブトムシから始まった ~佐野日大ICT活用の軌跡~』(前編)
ぜひお楽しみください!

 

タイムコード

00:00 オープニング
01:49 教育ICT実践プレゼンテーション
12:01 教育ICTなんでも3ミニッツ
15:26 エンディング
16:46 協賛メディアのご紹介

 

 

<教育ICT実践プレゼンテーション>

『それはカブトムシから始まった ~佐野日大ICT活用の軌跡~』(前編)
安藤 昇 先生 (あんどう のぼる)
佐野日本大学中等教育学校・高等学校 / ICT教育推進室 室長

 

■ プレゼンター紹介
1968年栃木県生まれ。日本大学理工学部物理学科を卒業後、理科教諭として佐野日大に勤務。現在は数学・情報を教える傍ら剣道部(全国ベスト8)、放送部(全国準優勝)の顧問を兼任している。ICT教育推進室 室長

■ プレゼン概要
今から約15年前、空前のカブトムシブームにあやかり、クラスの文化祭でカブトムシの販売をすることになりました。夏休み中に200匹のカブトムシ・クワガタムシを集め、巨大なクワガタのオブジェも制作。しかし9月中旬の文化祭までにすべて全滅していまい、残されたのは巨大なクワガタのオブジェだけだった。失意のどん底の生徒たち・・・。「このクワガタのオブジェで何かできないか」、こうして誕生したのが自主映画「昆虫戦隊タイツマン」でした。佐野日大のICT活用の原点とも言える、文化祭での映像制作のエピソード。実際の映像をお見せしながらご紹介します。

 

 

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『小学生から使えるタブレット用表計算アプリ「シートカルク」で集計してみよう』
講師:木本 実 さん(株式会社シートカルク)

■ プレゼンター紹介
コンピューター雑誌のライター、CG制作などを経て、テレビ番組の制作などに従事。2013年には株式会社シートカルクを設立し、タブレットをターゲットにした教育用アプリの開発や映像コンテンツ制作を行っている。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.