行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.018】 「 ! ? ♡ 」アクティブラーニングとキャリア教育におけるICTの活用事例(後編) / 静岡県立韮山高等学校 鈴木 映司 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.018】 「 ! ? ♡ 」アクティブラーニングとキャリア教育におけるICTの活用事例(後編) / 静岡県立韮山高等学校 鈴木 映司 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
静岡県立韮山高等学校の鈴木 映司先生。
プレゼンタイトルは『「 ! ? ♡ 」アクティブラーニングとキャリア教育におけるICTの活用事例』(後編)です。
ぜひお楽しみください!


タイムコード

00:00 オープニング
01:49 教育ICT実践プレゼンテーション
11:14 教育ICTなんでも3ミニッツ
14:25 エンディング
16:05 協賛メディアのご紹介
<教育ICT実践プレゼンテーション>

『「 ! ? ♡ 」アクティブラーニングとキャリア教育におけるICTの活用事例』(後編)
鈴木 映司 先生 (すずき えいじ)
静岡県立韮山高等学校

■ プレゼンター紹介
静岡県立韮山高等学校で地歴・公民科教諭、進路課でインターンシップなどを担当。クラス担任と男子バレーボール部(副顧問)も務める。前任校では2001年より総合学科を立ち上げそれを機会にキャリア教育に取り組む。日本キャリア教育学会認定キャリアカウンセラー、スクールカウンセリング推進協議会認定ガイダンスカウンセラー。2015年より日本学術会議地域研究委員会・地球惑星委員会合同地理教育分科会地誌教育小委員会委員。地元ではLearning Design Communityを主催し新しい時代に対応した授業のあり方を探っている。

■ プレゼン概要
「製作した動画の評価について」の報告。実際に最も苦労したのは「ビデオ」を作成した後でした。「限られた時間と環境の中で製作したビデオをどのように視聴させるのが最も効果的なのか?」という問いに対してルーブリックとICTの活用を行ってみました。さらに、キャリア教育のライフプランニングと市民教育の視点での問いかけを加えるなど振り返りシートに工夫も加えてみました。生徒の感想及び授業参観者からのフィードバックをもとに、実施ごとに行ってきた改善のステップを振り返ります。また、その他の事例として「100人が受講するClicaを利用したピアインストラクション型放課後センター試験対策講座・活用とポイント」などを紹介します。

 

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『授業で使える!ツール活用講座』
講師:小酒井 正和 先生(玉川大学)

■ プレゼンター紹介
玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科准教授。博士(経営学)。専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.