行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.015】 ICTで救急医療現場は変えられるか?〜想いをカタチにする仕事、変革は現場から〜(前編) / 佐賀県 統括本部 情報・業務改革課 主査 円城寺 雄介 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.015】 ICTで救急医療現場は変えられるか?〜想いをカタチにする仕事、変革は現場から〜(前編) / 佐賀県 統括本部 情報・業務改革課 主査 円城寺 雄介 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
佐賀県統括本部 情報・業務改革課の円城寺 雄介さんです。
プレゼンタイトルは「ICTで救急医療現場は変えられるか?〜想いをカタチにする仕事、変革は現場から〜」(前編)。
ぜひお楽しみください!


タイムコード

00:00 オープニング
02:16 教育ICT実践プレゼンテーション
09:03 教育ICTなんでも3ミニッツ
11:56 エンディング
13:22 協賛メディアのご紹介
<教育ICT実践プレゼンテーション>

「ICTで救急医療現場は変えられるか?〜想いをカタチにする仕事、変革は現場から〜」(前編)
円城寺 雄介 先生 (えんじょうじ ゆうすけ)
佐賀県 統括本部 情報・業務改革課 主査

■ プレゼンター紹介
佐賀県庁職員。救急車への同乗など「現場主義」で変革を推し進め、全国初となる救急車でのiPad活用を実現。iPad活用で救急現場を“見える化”し、ドクターヘリ導入へと繋げて救急医療を変革。現在は総務省ICT地域マネージャーとして委嘱をうけ、変革を全国へ広げている。2015年2月にはTBS系列「夢の扉+」で取り上げられた。

■ プレゼン概要
我が国の救急搬送時間は毎年過去最悪を更新し、救急医療現場は厳しさを増しています。そんななか佐賀県では2011年に全国で初めて全救急車にタブレット型端末iPadを配備。ICTを活用することで、搬送先病院の検索や救急患者の受入状況を共有し、救急現場の「見える化」を実現、日本の救急医療変革の先駆けとなっています。前編では自宅にパソコンすら持っていないITオンチの一介の県庁職員がどのように壁を乗り越えて生命を救う変革を起こしたかを紹介します。

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『JointAppsをつかった「夏休みアプリ作りワークショップ」レポート』
講師:石川 大樹 先生(デジタルハリウッド)

■ プレゼンター紹介
デジタルハリウッド株式会社 学びメディア事業部 教材開発担当。タブレット1台でアプリつくる・つかう体験ができる『JoinApps』(http://www.jointapps.net)プロデューサー。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.