行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.009】セルラー+クラウドで拓く SCHOOL INNOVATION」(前編) / 古河市教育委員会 指導課 参事兼課長 平井 聡一郎 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.009】セルラー+クラウドで拓く SCHOOL INNOVATION」(前編) / 古河市教育委員会 指導課 参事兼課長 平井 聡一郎 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
古河市教育委員会の平井 聡一郎先生です。
プレゼンタイトルは「セルラー+クラウドで拓くSCHOOL INNOVATION」(前編)。
ぜひお楽しみください!


タイムコード

00:00 オープニング
02:09 教育ICT実践プレゼンテーション
08:32 教育ICTなんでも3ミニッツ
11:30 エンディング
12:43 協賛メディアのご紹介

 

<教育ICT実践プレゼンテーション>

「セルラー+クラウドで拓くSCHOOL INNOVATION」(前編)
平井 聡一郎 先生 (ひらい そういちろう)
古河市教育委員会 指導課 参事兼課長

■ プレゼンター紹介
茨城県の小,中学校教諭として16年間教壇に立った後,総和町教育委員会,茨城県教育委員会で8年間指導主事として勤務。その後中学校教頭,小学校校長を経て現職。古河五小校長時代にICT機器の教育活動全般での活用に取り組み,現在はセルラーモデルのiPadとクラウドプラットホームの導入による古河市の教育改革を推進中。

■ プレゼン概要
前編で、まずはなぜICT機器を導入するのかという目的を確認します。古河市はICT機器の導入による授業改革を目指しています。21世紀を生き抜く子どもたちを育てるにはどのような学びが求められているのかということについて、目指す授業の姿を何が変わるのかという視点で、そしてどのように環境整備をしていくかに視点をおいてお話しします。ここでは特に、最終ゴールを見据えた4つのステップを踏まえた段階的なICT機器整備がポイントになります。

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『教育現場で使えるiPadアプリ講座』
講師:小池 幸司 先生(教育ICTコンサルタント)

■ プレゼンター紹介
2011年3月、他の学習塾に先駆けてiPad導入を実現。教育現場におけるICTの導入・活用を推進すべく、講演や執筆活動を通じて自社のiPad導入事例やノウハウを発信。2013年3月にはiPad×教育をテーマにした初の実践的書籍「iPad教育活用 7つの秘訣」をプロデュース。iTeachers発起人。

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.