行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

【Vol.111】 授業改革を目的としたiPad導入!〜全校導入実現までの軌跡と課題〜(後編) / 千葉明徳中学校・高等学校 副校長 梅澤俊秀 先生

  • HOME »
  • »
  • 【Vol.111】 授業改革を目的としたiPad導入!〜全校導入実現までの軌跡と課題〜(後編) / 千葉明徳中学校・高等学校 副校長 梅澤俊秀 先生

教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは
千葉明徳中学校・高等学校の梅澤 俊秀先生。
プレゼンタイトルは
『授業改革を目的としたiPad導入!〜全校導入実現までの軌跡と課題〜』(後編)です。
ぜひお楽しみください!

タイムコード

00:00 オープニング
01:42 教育ICT実践プレゼンテーション
08:35 教育ICTなんでも3ミニッツ
11:52 エンディング
13:21 協賛メディアのご紹介

 

<教育ICT実践プレゼンテーション>

『授業改革を目的としたiPad導入!〜全校導入実現までの軌跡と課題〜』(後編)
梅澤 俊秀 先生 (うめざわ としひで)
千葉明徳中学校・高等学校 副校長

■ プレゼンター紹介
千葉市中央区にある千葉明徳学園、千葉明徳中学校・高等学校に社会科教員として1979年から勤務。社会科では主に地理を担当。専門分野は自然地理。2011年から教頭職。2015年からICT推進委員。2017年、高等学校の副校長に就任。今年度は高校3年生の現代社会を担当。本校で推進するICT利活用の授業実践に取り組んでいる。

■ プレゼン概要
ICT機器をどう使うかという点に関心が行きがちですが、本校最大のテーマはこの取り組みを通しての授業改革にあります。教えるだけの授業から思考させる授業への転換は教師という集団にとって容易なことではありません。iPadの導入からわずか数ヶ月に過ぎませんが、中堅、若手の教師集団の中には確実に新しい授業への模索と取り組みが始まっています。現在の到達点、課題などの現状報告をお伝えすると共に、本校の目指す方向性を示します。

 

 

 

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『英語学習アプリ Part2』
講師:反田 任 先生(同志社中学校・高等学校)

■ プレゼンター紹介
EdTech Promotions Manager(ICT教育推進担当) 2014年度からOne to One での iPad 導入や Wi-Fi ネットワークの構築を進めてきた。担当教科は 「英語」。ICT を活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。Apple Distinguished Educator Class of 2015, Intel Teach マスターティーチャー

iTeachersTV

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

iTeachersTV

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.