行政や企業ではなく、保護者の視点からICT教育を支えて行きませんか?

ICT教育とは

  • HOME »
  • ICT教育とは

いまや大人に限らず子ども達にとっても、パソコンやスマートフォンを始めとする情報端末は当たり前に存在するものとなりました。これまでは学校に持ってきてはいけないと言われてきたこれらの情報端末(ICT機器)が教育現場に導入され始めてきており、今までの教科書では写真や文章でした伝えられなかった静的情報が、映像などによって動的情報として学ぶ事が出来るようになり、子ども達の学習意欲や思考力を向上させる様々な工夫が授業で取り行われるようになってきました。

この様にICT端末を活用して教育環境に変化を起している「ICT教育」について、ご紹介させて頂きます。

 

2000年頃に起こったIT革命によって、それまで基本的には企業などでしか行えなかった世の中への情報を伝える事が、ホームページなどを用いて一般市民でも簡単に行う事が出来るようになりました。この情報提供は急激的な成長を遂げ、今では何かを調べる際には本や辞書よりもIT(Information Technology)技術といわれるインターネットなどを用いる事が一般的となっています。

この様に様々な情報が世の中に溢れている状況において、今まで教科書等で一生懸命に情報を記憶してきた学習方法ではなく、溢れる情報を如何に整理し、必要な情報を、必要な方法で、

周囲の人達と協力して問題に解決する力が求められるようになりました。この能力を高めていくために、ICT(Information Communication Technology)機器を活用する能力が求められ、文部科学省は2020年に全国で開始されるプログラミング教育の実施に併せ、全国の自治体に補助金を準備してICT教育の普及を呼びかける事となりました。

つまり、ITは情報提供の技術、ICTは技術利用や技術活用と覚えると分かりやすいと思います。

 

ICT教育の目的は、情報端末を教師と生徒のコミュニケーションとして活用し、教育の質を高めることにあります。これまでの教育環境は、教師が教科書や黒板といった静的ツールを用いて一方的に生徒に教えるという形式でした。これに対し、静的ツールから映像などの動的ツールに手段を切り替える事によって、教師と生徒のやり取りが双方向で、生徒同士が話し合い、共有し合うことに重きを置く形式となりました。また、情報端末に触れることで、インターネット上で現在課題になっているモラルについて学ぶ機会もICT教育は提供しています。

もちろんICT教育を実施するためには、パソコンやタブレット、電子黒板などの情報端末、そして各教室への無線LAN整備など大掛かりな準備と予算が必要になります。そのため、ついつい設備が整った時点でICT教育を行っているかのような気分になってしまう事もあります。しかしながら、ICT教育の本来の力は、これらの機器を用いて教師や子ども達が一緒になって情報や技術をいかに活用するかが重要です。

これからの時代に対応した人材を育てていくためには、単に最新技術を導入するだけではなく、豊かな創造性をもって教育の在り方そのものを見つめ直す事が必要となっています。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7437-6664

PAGETOP
Copyright © ICT教育シンポジウム運営委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.